【兄弟子犬里親さん決定2016/12/27】可愛い兄弟”白茶ブチのセブ君”2016/12/1
2016 / 12 / 17 ( Sat )
メル&セブ&オータム1354
●No【d-161121】セブくん(里親さん決定しました)
● 犬 種 :mix
● 性 別 :オス(♂) 
※ 去勢手術料金・ワクチン代金・治療代金は支援動物病院だからと言っても「タダ!」ではありません。配慮をいただくこともありますが。会費やご寄付からきちんと支払いをしています。
● 年 齢 :2016/9/28生まれ
● 毛 色 :白茶ブチ
● ワクチン等:ワクチン1回目済
● 飼育:屋内飼育(室内飼い)
室内飼育とはこんな飼い方です→「http://www.petfood.or.jp/breeding/dictionary/environment/
http://www.mycutepuppydog.com/generalinfo/indoor/index.html
● 保護先:岩手県内にある当会一時預かりさんのお家(面会は、アンケート審査後になります) 
~~~~~~~~~~~~~~~
●No【d-161120】オータムくん(里親さん決定)
● 犬 種 :mix
● 性 別 :オス(♂) 
※ 去勢手術料金・ワクチン代金・治療代金は支援動物病院だからと言っても「タダ!」ではありません。全国の愛護団体の調査で、犬を1頭保護しますと平均5万円の費用が掛かるという調査結果がでています。当会も例外ではありません。配慮をいただくこともありますが。会費やご寄付からきちんと支払いをしています。
● 年 齢 :2016/9/28生まれ
● 毛 色 :茶色にソックス
~~~~~~~~~~~~~~~
● 満60歳までの方(同居の家族が満60歳未満の場合はok)
● 特 徴 :とてもかわいい”オータム君””セブ君”は、ご家庭事情で保護したママ犬が産んだ兄弟犬です。
犬は、とても賢く、「心」を持つ生き物です。
若いママは初めての出産
子育てを頑張っていますよ。
愛情の深さに心うたれることでしょう
安心して子育てできるように
会の一時預かりボランティアさんのお家で、ゆったりと預かってもらっています。

生後2か月、すくすくそだっていますよ。
2回目のワクチンがすみましたら面会もできるようになります。
可愛い兄弟犬と、ママ犬の里親さんを募集します。


犬を飼いますには、「可愛い・・」だけでは飼育できません。
犬は、保健所へ登録の義務があります。
他の動物へうつさないよう、もらわないように
狂犬病ワクチンを打ち、混合ワクチンを打ち、フィラリア予防をして飼いましょう。

犬が人をかんだら、飼い主さんには必ず保健所へ届出る義務があります。
犬は法律を守って飼いましょう。

犬との生活は、多くの喜びや癒しを与えてくれますが、
毎日の世話は想像以上に大変です。
食事、運動、散歩、お手入れも・・・
雨の日も風の日も、晴れの日も雪の日も、
飼い主さんに熱があっても・・・毎日朝夕欠かすことはできません。

時には病気や怪我をすることもありますし、
老犬は人間と同じ介護が必要になる場合もあります。
言葉が通じない分、人間より手間のかかる家族が一人増えると思ってくださいね。
ですから、犬を飼う際は家族全員の同意が必要ですよ。
犬にかかるお金も それなりのきちんとした収入が必要です。

岩手県民の「健康寿命」は男性70歳 女性73歳です。
それから平均寿命まで、元気ではない状態で生きることになりますよ。

この犬を責任を持って家族に迎えますには、60歳前後位までがお勧めです。

ご自分の年齢と健康に足し算をして
この子の天寿までご自分が看取ってあげられる。
費用も払ってあげられますなら
”オータム君とセブくんをどうぞ家族に迎えてあげて下さいね。

今、施設の犬舎も、一時預かりさんのお家も満員満所でどうにもなりません・・;;。
保護を待ちわびている犬がまだたくさんおります。
どうぞ犬の一時預かりさんになってくださいね。

今「高齢飼い主さんの飼育放棄」が社会問題になっています。
当会に相談いただく内容も、急増しています。
毎日毎日相談・引き取り依頼が来ています。
当会は、犬猫の「引き取り団体」ではありません。
ご相談に応じますし、譲渡についてもお手伝いしますが
「すぐ引き取ってほしい!」とのご依頼はお断りしています。
保護施設は、「飼い主さんのいない犬猫」「交通事故等での緊急保護犬猫」「保健所からの引き取り犬猫」を保護しています。
「飼い主さん(相続人)のいる犬猫」は、飼育責任を果たしてください。
新しい飼い主さんが見つかるまでの間、依頼主さんの責任で飼育をお願いいたします。


里親・一時預かりに関する問い合わせは、
↓「お見合い 譲渡の前に」を先にご覧くださいね。

http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-entry-1401.html


里親募集専用受付電話:080-5741-3602(18:00~20:00)

メール;inochinokai@gmail.com
  inochinokaiiwate@ezweb.ne.jp
 
 
 
  
※・ご希望の犬猫のお名前
  ・ご希望される方の「お名前」と「住所」、「連絡先の電話番号(希望する時間帯)」を明記くださいね。

返信メールは、1両日中に差し上げておりますが
届かずに「エラー」で戻ってきますケースが増えています。
返事がこないなあと思われましたら
ご自分のメールのアドレスの再確認・受信設定をお願いいたします。

※ 現在里親さん募集中の犬猫達は、全て掲載中です。
HP左側の「カテゴリー」か下段の「リンク」をクリックしてご覧くださいね。

  ・仔犬の里親募集 (募集している頭数)生後2.5月~
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-2.html
  ・成犬の里親募集 (募集している頭数)
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-3.html         
  ・仔猫の里親募集 (募集している匹数)生後2.5月~ 
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-4.html
  ・成猫の里親募集 (募集している匹数)
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-5.html  
 
      保護場所を確認くださいね
       ◎施設(会施設におります) 
       ◎一時預かり家庭(会の預りボランティアさんのおうち)
       ◎依頼主(現在の飼い主さんのおうち) 
       ◎保護主(迷子等で保護した個人のおうち)


譲渡会のご案内       → http://yoteioshirase.blog57.fc2.com/
里親さんからの譲渡後の様子は → http://shiawasenako.blog130.fc2.com/
迷子をさがしてます   → http://sagashite.blog60.fc2.com/
迷子を保護しています → http://hogoshite.blog61.fc2.com/
ただ今必要としています(ご寄付のお願い)→
  アマゾン「ほしい物リスト」⇒ページ右上の「ほしい物リスト サーチ 」から「動物いのちの会いわて」を検索してくださいね​:http://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/ref=wish_list
  楽天「ほしい物リスト」:http://bookmark.rakuten.co.jp/user/ZjQ2MmMwNzgzYzgyNDgxZg__/
今どきの犬の飼い方は、「室内飼育」!
屋内飼育とは
↑子犬の「よつはちゃん」の室内飼育の様子ですよ。同居の猫ちゃんと仲良しして暮らしています。

犬は人のよいパートナーになりますよ。
それは犬が、人の言葉を理解し、人の気持ちを汲み取り、
飼い主さんを愛し、信頼する動物だからです。

「犬と暮らすことで得られる幸せはとてもたくさんある」と
犬を飼われている多くの方は、お話されます。

しかし、ただ飼うだけではよいパートナーにはなれません。
日頃の接し方で、人と犬の関係は大きく変わります。

以前は、お外飼いが多かった日本ですが、
最近では 「犬は群れの中で生きる」という習性を理解し
室内で飼う人が増えています。

犬は賢い生き物です。
群れで生きる犬たちだからこそ、
飼い主さんご家族が、その子にとっての「群れ」になります。
群れの中(ご家族)で、室内で生活することにより、
常に安心を得ることが出来るようになり、
自然と、家族から話しかけられる回数も増えますし、
人の言葉もよく理解できるようになりますよ。

飼い主さん家族の行動から、気持ちを察し、
人が喜んでいるとその犬もはしゃぎ、悲しんでいると慰めてくれます。
様々な表情やしぐさを見せてくれる犬と過ごすことにより、
家族(群れ)の信頼と愛情の絆がより深まるのです。

犬も、言葉を理解し、人への信頼が深まることにより、
しつけが入りやすくなり、一緒に旅行へ行ったり
カフェに行ったりと、ますます犬との生活に幅が広がり
一緒に楽しむことができるようになりますよ。

お外で生活する犬(群れからはなされた犬)は、
人に話しかけられる回数が少ないため、
理解できる言葉が少なくなり、
家族を見ると、喜びのあまり興奮するこが多く、
落ち着かせてからのしつけとなり
しつけもより根気が必要となります。

家族が恋しく、人を求めて鳴く声が近所迷惑となり、
苦情のために、飼い続けることができなくなった・・・という犬もたくさんおります。

人恋しさのあまり、近隣の人たちに懐き、
可愛がられて人の食べ物をもらい、病気になってしまう犬もおります。
また毒入り食べ物を投げ込まれ体調を崩したり、亡くなっってしまった犬も;;。

リードを勝手に外され、行方不明になった。
エアガンの的になった。
雷や花火などに驚き、パニック状態で脱走し行方不明になった。
等々・・

地震等災害時には、愛犬を連れて
一緒に避難所へ行くことができるようになりました。
(同行避難)
多くの方が避難している場所で、
一緒に避難生活ができるような犬のしつけも
飼い主さんの義務ですよ。

悪意のある人や、突然の出来事から
大切な愛犬を守るためにも
「室内飼育」は大切なことです。

「人と犬とのよい信頼関係を築くため」
「人も犬も楽しい暮らしを満喫してもらうため」
「大切な愛犬を守るため」
「犬の室内飼育」をおすすめしています。


仔犬のワクチンプログラム
生後42日~60日からスタートして1ヶ月ごとに計3 回のワクチン接種を行います。
それ以降は、毎年一回の追加接種を行いますよ。

仔犬は産まれてすぐにまま犬の母乳(初乳)を飲みます。
初乳にはまま犬の持っている免疫が含まれていて、まだ病気に対する抵抗力を持たない子犬の体を様々な 病原体から守る働きをします。
この初乳に含まれる免疫を、『移行抗体』と言います。
ただこの移行抗体は出生後、日を追うごとに少なくなっていきます。
移行抗体は42日~150日で消失すると言われています。
まま犬からの免疫力を失った仔犬は病原体に対して無抵抗な状態になりますので、それを補うためにワクチンを 接種します。
しかし、まま犬から貰った移行抗体が多く残った状態では、ワクチンの成分(抗原)をまま犬の抗体がやっつけてしまい思うように効果が出ません。ワクチン接種は移行抗体の残量が減った状態で摂取するのがベストです。
そこで、「最も早く抗体が切れてしまうケース」を想定して、第一回目のワクチン接種をします。
それが、最短で生後42日目といわれています。

しかし、その第一回目はもしかしたら移行抗体が残っていて、子犬自身が抗体をつくっていないかもしれません。
そこで、その後1ヵ月後に第2回目のワクチンを接種します。

さらにさらに、この時期でもまま犬の抗体ががんばっている場合があり、同じく抗体がつくられていないかもしれません。
そこで、念押しで2回目から一ヵ月後に第3回ワクチン接種をします。
16 : 33 : 30 | 里親さん決定 | ≪ トップへ ≫
| ホーム |