【そっくり姉妹犬の里親さん決定2016/11/13】ちょっぴりシャイな甘えんぼ”たなぁちゃん”(女の子)2016/9/13
2016 / 09 / 13 ( Tue )
黄首輪犬② (1)
●No【d-160917】たなぁちゃん
● 犬 種 :mix
● 性 別 :メス(♀)  
● 年 齢 :2016/5/6頃の生まれ
● 毛 色 :薄茶白(くりいむちゃんより毛色が薄いです)
● ワクチン等:ワクチン接種済。 フィラリア予防済
室内飼育。 1頭飼いの里親さん希望します。
※ お家の中で飼う方へ譲渡します。
● 里親さんの年齢は、満60歳未満の方。
※ 同居の家族が、飼い主さんに何かあった場合に飼育ができる場合は60歳過ぎでもOK。
● 保護先:岩手県内の当会保護施設。(面会は、アンケート審査後になります)
※ 仔犬の場合は何回か施設へ通って戴きます。
2016/11/13里親さん決まりました    
● 特 徴 :産まれたばかりの小さな仔犬・・・
可愛い”たなぁちゃん”と”くりいむちゃん”は、生後数日で遺棄されたワンちゃんです。
あと少し遅ければ…いのちはありませんでした。

美味しいミルクをもらい、
ご寄付の美味しい子犬用フードを食べ(^^)。
蝶よ花よと大切にされて・・・
生後4か月!
もう大丈夫、体力も付いてきましたよ。

可愛い”たなぁちゃん”と”くりいむちゃん”の優しい里親さんを募集します。
DSC_0052 (1)
定年を迎え、新しい生活に仔犬を迎えたい!
連れ合いもいなくなった・・・さみしいから仔犬を迎えたい!
APで一人暮らし、お留守番させちゃうけど・・仔犬を迎えたい!
犬を飼うのは初めて!小さな子もいるので・・仔犬を迎えたい!

生活の友にとご希望される方も多いです。
ご自分だけは元気で長生き・・と根拠のない自信を持たないでくださいね。
死は確実にやってきます。
犬は、長寿です。完全室内飼いの犬の寿命は平均15年前後、長寿の犬は18歳にも・・。
今の自分の年に18年足した時、この犬と散歩がちゃんとできますか。
高額な看取りの治療等の費用を負担してあげられますか。

今全国的にも問題になっているのが
「高齢者の飼育放棄!」です。
高齢飼い主さんの、入院・入所・死亡により、ペットを手放す方が急増しています。

60歳を超えてから迎えるペットは、「飼い主さんが2度変わる!」と考えて下さいね。
次に託す方がいない場合は、ご自身が責任をもって看取ることができる年齢の子を迎える!
仔犬を迎えない‼ことも選択肢の一つ!ですよ。

岩手県民の「平均寿命」は残念なことですが・・全国比較でも最下位ランク・・・;;
男性の「平均寿命」は78.5歳 「健康寿命」は70歳
女性の「平均寿命」は85.9歳 「健康寿命」は73歳!です。

65歳を超えましたら7人に1人が認知症・・。
85歳過ぎますと2人に1人が介護が必要!になっている現実です。
天寿を迎えるまでの最後の10年前後は、「元気ではない…状態」で過ごすことになりますよ。

とはいえ、平均寿命といいますのは、その年齢で約半数の方が亡くなられますが、半数は生きている・・という事です。
実際は、男性は90歳くらい、女性は95歳くらいまで長生きされる方が多いのです。
ただし、ホーム入所や入院になったら、ご家族も介護で手一杯、
費用面でも月15万円前後と高額、年金収入だけでは足らない場合が多い現実です。
ペットホテルは、月10万円前後かかりますよ。ご自身と犬の費用を賄えますか。

夫婦だけのご家族や同居の未婚の子供さんも増えています。
犬を家族に迎えます時は、その犬の天寿を看取ってあげましょう。
ご自身の健康と、健康寿命を計りにかけて、本当に責任をもって迎えられるかどうか。考えてくださいね。

別居の子供さんがいても、親の飼っていた犬を引き取って飼えるという方はとても希です。
ペット飼育不可のお住まい、お孫さんがアレルギー、離婚等での経済的な問題等、事情は様々ですが、「飼えない方が多い」現実です。
ご自身が責任をもって飼える年齢の犬をご家族にお迎えくださいね。

仔犬は、生後1年半で、人間の年齢ですと成人(20歳)です。
この期間は、子育てをするのと同じくらい一緒にいて相手をして、しつけをする必要があります。
1日6時間以上独りぼっちでのお留守番は、子犬には難しいです。

家族を亡くし、ひとりぼっちになった成犬(大人の犬)が沢山保護されて来ています。
ご家族に慣れるには、仔犬も成犬も変わりはありません。
阪神大震災の時に保護した犬の1年後のアンケート調査結果では、「皆半年位で慣れてくれた。
仔犬も成犬も慣れるのは同じくらいかかった」という結果がでています。
成犬は、性格もはっきりしています。元飼い犬ですなら、人にもとてもなれています。
しつけもついて、社会経験も豊富。 しっかり甘え、慰め、家族を癒してくれることでしょう。
飼育の手間もかかりませんよ。
老夫婦や小さな子供さんのいる、「犬初めてさん」にとてもおすすめです。

ご家族にふさわしい犬はどんな子なのか。
いろいろなご縁を検討していただけましたら嬉しいです。
DSC_0056 (1)
”たなぁちゃん”はとてもおとなしいお嬢さん犬
人間が大好きな甘えん坊さんですが、ちょっぴり怖がりサンですよ。
人間の年齢ですと小学校1年生くらいのお嬢さん犬です。
まだまだ遊びたい盛りの甘えん坊のワンちゃんです。

たなぁちゃんはお利口さん「ハウス!」を覚えましたよ。
犬のしつけは、その子だけが覚えれば大丈夫!・・・ではありません。
飼い主さんが、コマンドをきちんと使って
たなぁちゃんをしつけなければなりませんよ。
人間の子供なら、20年かかって育てることを
1年半で教えなければなりませんよ。
しつけで大切なことは、まず飼い主に注目させることです。
飼い主が話しかけると、犬は飼い主のほうを見ます。
こうして、飼い主と犬の目が合うことを「アイコンタクト」といいます。

飼い主に注目させることを教えれば、いろいろな指示を与える際に役に立ちますよ。
言葉によって、犬の行動を制限できるようになります。
行動を制限することは、犬の安全のためにもたいへん大事なことです。

犬が危険なものに向かって行こうとしたら、
「止まれ!」や「やめ!」の言葉に従うことができれば、危険を未然に防げます。
家族の一員として、人間やほかの犬に迷惑をかけない犬に育てるためにも、しつけは不可欠です。

いつも一緒にいて、相手をしてあげられる!
長時間のお留守番はさせない!ご家庭の方。
どうぞ”たなぁちゃん”の里親さんになってあげて下さいね。
黄首輪③ (2)
犬を飼いますには、「可愛い・・」だけでは飼育できません。
犬は、保健所へ登録の義務があります。
他の動物へうつさないよう、もらわないように
狂犬病ワクチンを打ち、混合ワクチンを打ち、フィラリア予防をして飼いましょう。

狂犬病は致死率100%のとても怖い病気です。
犬だけではなく、猫人間、すべての哺乳類にかまれた事から感染します。
日本では、全ての犬の飼い主さんには、「予防注射が義務」つけられています
中国・台湾・フィリピン等でも狂犬病が発生し猛威と戦っています。
決して違う世界の病気ではないのです。

犬が人をかんだら、飼い主さんには必ず保健所へ届出る義務があります。
犬は法律を守って飼いましょう。
飼えなくなったら、貰い手を探しましょう。

産まれたばかりで捨てられ…
ママ犬を知らずに辛く悲しい思いをしてきた”たなぁちゃん”です。
1匹で愛情を注いでもらえるご家庭を希望しています。

いつでもおうちにいて
”たなぁちゃん”を可愛がってくれる優しい里親さんを募集します。

犬との生活は、多くの喜びや癒しを与えてくれますが、
デメリットもしっかり理解して家族に迎えて下さいね。

毎日の世話は想像以上に大変です。
食事、運動、散歩、お手入れも・・・
雨の日も風の日も、晴れの日も雪の日も、
飼い主さんに熱があっても・・・毎日朝晩欠かすことはできません。

時には病気や怪我をすることもありますし、
老犬になったら人間と同じ介護が必要になる場合もあります。
言葉が通じない分、人間より手間のかかる可愛い家族が一人増えると思ってくださいね。
ですから、犬を飼う際は家族全員の同意が必要ですよ。

犬にかかるお金も それなりのきちんとした収入が必要です。
某飼い主さん費用です。参考にして下さいね。

6月から11月までのフィラリアの予防薬が月800円~。
フィラリアの血液型検査と健康診断料、3000円~。
ワクチン代 7000円~
狂犬病の予防摂取 3500円。
フードとペットシーツとおやつ代 月2500円程。
あと忘れてならないのが、電気代!
犬は暑さに弱いので、夏の間はクーラーフル稼働で必須です。
熱中症を避ける為には必須です。
旅行などでペットホテルに預けるには一泊3,500円前後から必要になります。

この犬を責任を持って家族に迎えますには、60歳未満までがお勧めです。

ご自分の年齢と健康に足し算をして
この子の天寿までご自分が看取ってあげられる。
費用も払ってあげられますなら
”たなぁちゃん”をどうぞ家族に迎えてあげて下さいね。

里親に関する問い合わせは、
↓「お見合い 譲渡の前に」を先にご覧くださいね。

http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-entry-1401.html


里親募集専用受付電話:080-5741-3602(18:00~20:00)

メール;inochinokai@gmail.com
  inochinokaiiwate@ezweb.ne.jp
 
 
 
  
※・ご希望の犬猫のお名前
  ・ご希望される方の「お名前」と「住所」、「連絡先の電話番号(希望する時間帯)」を明記くださいね。

返信メールは、1両日中に差し上げておりますが
届かずに「エラー」で戻ってきますケースが増えています。
返事がこないなあと思われましたら
ご自分のメールのアドレスの再確認・受信設定をお願いいたします。

※ 現在里親さん募集中の犬猫達は、全て掲載中です。
HP左側の「カテゴリー」か下段の「リンク」をクリックしてご覧くださいね。

  ・仔犬の里親募集 (募集している頭数)生後2.5月~
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-2.html
  ・成犬の里親募集 (募集している頭数)
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-3.html         
  ・仔猫の里親募集 (募集している匹数)生後2.5月~ 
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-4.html
  ・成猫の里親募集 (募集している匹数)
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-5.html  
 
保護場所を確認ください
 ◎施設(会施設におります) 
 ◎一時預かり家庭(会の預りボランティアさんのおうち)
 ◎依頼主(現在の飼い主さんのおうち) 
 ◎保護主(迷子等で保護した個人のおうち)


譲渡会のご案内       → http://yoteioshirase.blog57.fc2.com/
里親さんからの譲渡後の様子は → http://shiawasenako.blog130.fc2.com/
迷子をさがしてます   → http://sagashite.blog60.fc2.com/
迷子を保護しています → http://hogoshite.blog61.fc2.com/

ただ今必要としています(ご寄付のお願い)→
  アマゾン「ほしい物リスト」⇒ページ右上の「ほしい物リスト サーチ 」から「動物いのちの会いわて」を検索してくださいね​:http://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/ref=wish_list

今どきの犬の飼い方は、「室内飼育」!
犬は人のよいパートナーになりますよ。
それは犬が、人の言葉を理解し、人の気持ちを汲み取り、
飼い主さんを愛し、信頼する動物だからです。

「犬と暮らすことで得られる幸せはとてもたくさんある」と
犬を飼われている多くの方は、お話されます。

しかし、ただ飼うだけではよいパートナーにはなれません。
日頃の接し方で、人と犬の関係は大きく変わります。

以前は、お外飼いが多かった日本ですが、
最近では 「犬は群れの中で生きる」という習性を理解し
室内で飼う人が増えています。

犬は賢い生き物です。
群れで生きる犬たちだからこそ、
飼い主さんご家族が、その子にとっての「群れ」になります。
群れの中(ご家族)で、室内で生活することにより、
常に安心を得ることが出来るようになり、
自然と、家族から話しかけられる回数も増えますし、
人の言葉もよく理解できるようになりますよ。

飼い主さん家族の行動から、気持ちを察し、
人が喜んでいるとその犬もはしゃぎ、悲しんでいると慰めてくれます。
様々な表情やしぐさを見せてくれる犬と過ごすことにより、
家族(群れ)の信頼と愛情の絆がより深まるのです。

犬も、言葉を理解し、人への信頼が深まることにより、
しつけが入りやすくなり、一緒に旅行へ行ったり
カフェに行ったりと、ますます犬との生活に幅が広がり
一緒に楽しむことができるようになりますよ。

お外で生活する犬(群れからはなされた犬)は、
人に話しかけられる回数が少ないため、
理解できる言葉が少なくなり、
家族を見ると、喜びのあまり興奮するこが多く、
落ち着かせてからのしつけとなり
しつけもより根気が必要となります。

家族が恋しく、人を求めて鳴く声が近所迷惑となり、
苦情のために、飼い続けることができなくなった・・・という犬もたくさんおります。

人恋しさのあまり、近隣の人たちに懐き、
可愛がられて人の食べ物をもらい、病気になってしまう犬もおります。
また毒入り食べ物を投げ込まれ体調を崩したり、亡くなっってしまった犬も;;。

リードを勝手に外され、行方不明になった。
エアガンの的になった。
雷や花火などに驚き、パニック状態で脱走し行方不明になった。
等々・・

地震等災害時には、愛犬を連れて
一緒に避難所へ行くことができるようになりました。
(同行避難)
多くの方が避難している場所で、
一緒に避難生活ができるような犬のしつけも
飼い主さんの義務ですよ。

悪意のある人や、突然の出来事から
大切な愛犬を守るためにも
「室内飼育」は大切なことです。

「人と犬とのよい信頼関係を築くため」
「人も犬も楽しい暮らしを満喫してもらうため」
「大切な愛犬を守るため」
「犬の室内飼育」をおすすめしています。
22 : 11 : 11 | 里親さん決定 | ≪ トップへ ≫
| ホーム |