《ねねちゃんと4匹の子猫里親さん決定2015/9/5》おっとり優しいお嬢さん”ほたるちゃん”(女の子)2015/9/3
2015 / 09 / 03 ( Thu )
ほたる2
● No.【c-150714】ほたるちゃん
● 猫 種 :日本猫
● 性別:メス(♀)  
● 年齢:2014/5/9生まれ  
● 毛色:黒さび猫
● ワクチン等:3種ワクチン済  
● 現在の保護先:一時預かりさんのお家
● 特 徴:とてもきれいなグレトラ猫”ねねちゃん”は、ヤングママ。
県央の民話の里の住宅地で、大きなおなかを抱えて
赤ちゃんを産む場所を探していましたよ。
緑がいっぱい 柔らかな土 風がよく通る素敵なお庭を見つけましたよ。
内緒でお庭に入って可愛い4匹の赤ちゃんを産みました。
CIMG0730.jpg
サーモンピンク白の”つくしちゃん”
薄墨模様の”ののちゃん”
べっこう猫”りっぷちゃん”と”ほたるちゃん”
お庭で生まれた可愛い4匹の子猫達
優しいご夫妻は、ねねちゃん親子を見つけ、保護してくれました。
でもご夫妻は高齢です。
ねねちゃん親子の先の幸せを願い里親さんを探しています。
ほたる
猫を飼いますには、
自分だけ良ければ大丈夫・・ではありません。
地域の方に迷惑をかけない飼い方。

社会的な責任が伴います。

2013/9/1 動物の愛護と管理に関する法律が改正されました。
(改正動物愛護管理法)
犬や猫は、ちいさくても「命」と「心」をもった生き物として、
法律改正では、飼い主さんの義務が法律で
はっきり決まりました。

・終生飼養(動物がその命を終えるまで適切に飼養すること)
・脱走防止(家や敷地から逃がさない飼い方)
・繁殖制限(むやみに増やさない)


この3点を守ることは、猫の安全のためと
ご近所とのトラブル防止のために大切なことです。
飼い主さんは、必ず守らなければなりません。

飼い主さんには、可愛い猫を、天寿を看取るまで飼育する責任が、
法的にもはっきり決まりました。
動物の所有者の責務として、動物がその命を終えるまで
適切に飼養すること(終生飼養)が法律で明記されました。

これまで、都道府県等(保健所)は
猫の引取りを飼い主から求められた場合には、
それらを引き取ってきました。
しかし、改正動物愛護管理法により、
終生飼養の原則に反する引取りを拒否できるようになりました。
(繰り返しての引取り、老齢や病気を理由とした引取り等)
愛護動物(犬や猫等)をみだりに殺傷・遺棄することは犯罪です。
改正動物愛護管理法により、罰則も より強化されました。
(みだりな殺傷…200万円以下の罰金等、遺棄…100万円以下の罰金)。
山や川に捨てた飼い主が「逮捕」「起訴」される事件が今全国的にも増えています。
絶対に傷つけたり捨てたりしてはいけません。

繁殖を望まない場合の猫の不妊手術は、飼い主さんの義務・責任ですよ。
必ず不妊手術を受けさせましょう。

岩手県内「保健所」へ出される猫で助かる猫は
ほとんどいません;;


2014年度岩手県内保健所では、
1215匹引き取り、
1088匹 (85%)が殺処分
されている現実です。

(2013年度は1635匹引取  1538匹殺処分  95匹譲渡)

保健所で引き取った猫の約半数が飼い主さんのいる猫・・という
飼い主さんのモラルも大きく問われています。

「殺処分ゼロへの道」は道遠し・・・という現実ですが
保健所間でも差が出ています。
殺処分率・譲渡数ともに人口20万人越の中核市「盛岡市保健所」の努力は突出しています。
反面・・人口に比して殺処分数が、200匹をはるかに超える「中部保健所
譲渡を頑張っていても、追いつかない現状の「一関保健所
被災地という譲渡先不足に苦慮しながらも頑張っている
釜石保健所」・「久慈保健所」の譲渡の頑張りも光ります。


でも・・・岩手県内で助けられた猫は、年間180匹だけです。
(この数には、当会をはじめとした愛護団体等の引取り数が含まれています。)

ミルクのみ赤ちゃん子猫達は、持ち込まれたその日に殺処分されてしまう現実です。
赤ちゃん子猫達は、保健所の「里親さん募集」にも掲載されずに、殺されて・・しまいます・・・・・

「殺処分ゼロ」を目指すには、
保健所へ持ち込まれる「子猫」対策が重要だと思われます。
保健所への子猫の持ち込みを減らすための
飼い主さんへの母猫の「避妊」の重要性の周知を始め
避妊手術の実効性を高める工夫。
各種避妊手術への助成金制度等の拡充活用等。
殺処分に使う費用を「生かす費用へ」とシフトする事。
持ち込まれた子猫を1匹でも生かし、譲渡できるように、
「愛護推進ボランティア等への預かり制度を導入する」等の
「子猫対策」も急務です。

他県で「殺処分ゼロ」を達成した保健所は
多くの愛護団体等の登録制度を実行し
助け生かし、里親さんに託すサイクルが確立しています。
譲渡の窓口を増やす努力も今求められています。

(※ 2014年度当会の譲渡総数は、260匹。内保健所から、引き取った成猫は35匹。)

2014年度の県内保健所の殺処分数と譲渡数(ワースト順)です。

 保健所      殺処分数(率)   譲渡数(譲渡率)
・中部保健所  256匹(94.1%)16匹( 5.9%) 
・一関保健所  198匹(87.6%28匹(12.4%)
・奥州保健所  174匹(96.1%) 7匹( 3.9%)
・大船渡保健所 146匹(92.4%) 12匹( 7.6%)

・県央保健所   89匹(80.2%)22匹(19.8%)
・宮古保健所   67匹(77.0%)20匹(23.2%)
・盛岡市保健所  65匹(60.2%43匹(39.8%)
・二戸保健所   42匹(93.3%) 3匹( 6.7%)
・久慈保健所   32匹(68.1%)15匹(31.9%)
・釜石保健所   19匹(57.6%)14匹(42.4%)

飼い主さんが持ち込む猫が、525匹(43%)も!
2014年度結果からは、新たな疑問や課題が見え隠れしています。
2013年度に比べて、保健所への「所有者不明猫(成猫)」の引取数が激減。
県民の皆さんに、「保健所」=「殺処分されてしまう」
こういう認識が広まって、心理的なブレーキが
働いているのかもしれません。
「飼猫(子猫)」引取数が減っていますが、
「所有者不明(子猫)」の引取数は急増しています。
当会への子猫の引取相談件数は一昨年より倍増・・。
これは、「避妊手術」の意識が浸透したわけではなく、
今まで、保健所へ出していた子猫を、
遺棄しているのではないかとも推察されます。

保健所への
飼iい猫 (成 猫)の引取;329匹(68匹減)
飼い猫 (子 猫)の引取:196匹(10匹減)
所有者不明(成猫)の引取:131匹(435匹減
所有者不明(子猫)の引取:559匹( 73匹増)

岩手県内保健所へ寄せられる「猫飼育への苦情」は 
年間296件(2014年度12月途中)
ほとんどが、多頭飼い、糞の放置、鳴き声、臭気、放し飼いの苦情です。

当会への引取、保護依頼は 2014年度から、急増しています。

飼い猫(成猫・仔猫)の引取依頼の理由 ;
 ・生まれた子猫を引き取って・・・。
   (避妊しようと考えている間に妊娠出産した) 
   ※ ご自身の飼い猫の子は、自分で貰い手を探しましょう。

 ・避妊手術しないで飼っていたら、
  2年前後・・・であっという間に38匹に・・増えた;;
    多頭飼育状態が崩壊。でも保健所はいや!
    引き取り依頼・持込み
    (近所からの苦情や保健所の指導等の結果)
    ※ ご自分で飼育できない猫を増やさない事が
    飼い主さんの責任、義務ですよ。

 ・高齢飼い主さんの死亡・入院・入所等の理由
    (福祉事務所・介護事業所・親戚等からの相談)
    ※ 淋しいからと子猫を安易に飼ってはいけません。
    万一の時に、他に託せる方を確保するか、
    ご自身が看取ってあげられる年齢の猫を迎えましょう。

所有者不明猫(成猫・仔猫)の引取依頼の理由 :
 ・山菜取り、キノコ採りに行ったら、
  仔猫が捨てられていて保護してしまった。
  自宅の庭等に子猫が捨てられた(最多理由)。
   (保護した子猫は、自分で頑張ってお世話しますが、
    譲渡を手伝ってほしい方がほとんどです) 

 ・成猫を保護した方からの持込み・引取依頼、
  施設等への置き去り等
   (見かねて保護はしたものの、
    保健所へは出したくないがお世話もできない・・。)
   
 ・最初から会に引き取ってもらおうと思って・・等
   (保護した方には、保護した責任がありますよ。
    愛護団体は、お手伝いするだけです。)


飼い主さんや保護された方の責任とモラルが大きく問われています。
猫は、責任をもって飼育・保護しましょう。


可哀想だから不妊手術は受けさせない・・・
本当でしょうか。
猫は子孫を残そうと、相手を求めて脱走しますよ。
帰ってきたときにはお腹に赤ちゃんが入っています。
オス猫は、そのまま迷子で帰ってこないままになる子も多いです。

生まれた子猫全てに、貰ってくれる人を探せる飼い主さんはほとんどいません。
誰もいないところへ捨てたつもりでも
仔猫は生きようと必死で頑張っていますよ。
猫好きの方に保護されていますよ。

結果、善意の猫好きの方に
多大なご苦労と負担をかけることになります。

不妊手術(避妊・去勢)は飼い主さんの責任ですよ。
決して、猫を捨ててはいけません。
会では、捨て猫を保護した場合は、「動物の遺棄」、「犯罪」として、保健所と警察へ通報しています
ねねママと四つの命
”ほたるちゃん”は美しい黒べっこう猫。
鼻筋がとおった美人猫。

べっ甲猫はとても賢い猫ちゃんです。
飼い主さんの気持をくみとってそばにいてくれる猫ちゃんです。
美しいべっ甲模様は、黒味の効いたお色です。
ほたる
ほたるちゃんは、おっとり甘えん坊の女の子
優しいママ猫に甘え放題甘えています。

ご飯を食べる時も急がず慌てず
丁寧に頂きます。
競争心があまりなく、
姉妹猫のりっぷちゃんに
ご飯も遊び玉も譲ってしまいますよ。
でもね本当は、とっても甘えん坊さんなので、
りっぷちゃんの様子を伺いながら、
人に両手でからむようにあまえてきます。
ほたる
猫は初めてだから
最初は1匹…だけ、

慣れたらもう1匹もらいたい…
というご家族も多いのですが、

猫はストレス(新しいお家・他の猫との生活等の環境の変化)にとても弱いんです。
新しい環境になれるのにお時間もストレスもかかりますよ。

1匹でのお留守番が長くて可哀想・・・
将来は2匹飼いたいなあ・・・と思っていましたら
最初から兄弟姉妹猫か 親子猫、一緒に育った仲良し猫を
ご家族に迎えて下さいね。
欲しい猫2匹を迎えるのではなく、
気に入った猫がいましたら、その子の仲良しの猫を迎えて下さいね。

猫のストレスも少なくて、すんなり馴染んでくれますよ。

仲よし猫や親子兄弟姉妹猫が募集しておりますなら
こんなチャンスは二度とありませんよ。

2匹を一度に迎えた方がお世話も楽です。
体調の変化にも気がつきやすいですよ。
お留守番も2匹で仲よく遊んで待っていてくれますよ。
運動不足にもなりませんよ。

初めてで2匹は難しい・・・と
思っていましたが
一緒に迎えて良かった(^^)と
たくさんの里親さんからも感想を頂いております。

猫の寿命は平均14年年前後、長寿の猫は20歳を超えます。
岩手県民の健康寿命は、男性は70歳、女性は73歳です。
65歳を超えましたら7人に1人が認知症です。
85歳過ぎますと2人に1人が介護が必要になっています。

それからは、平均寿命まで、健康ではない状態で生活して行くことになりますよ。

”ほたるちゃん”を家族に迎えますなら、60歳位までがお勧めです。

ご自分の健康寿命から引き算をして
”ほたるちゃん”の天寿を看取ってあげられると思いましたら、
どうぞ”ほたるちゃん”を家族に迎えてあげてくださいね。

トイレも上手にできるお利口さんですよ。
    
里親に関する問い合わせは、
↓「お見合い 譲渡の前に」を先にご覧くださいね。

http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-entry-1402.html


里親募集専用受付電話:080-5741-3602(18:00~20:00)
メール;inochinokai@gmail.com
  inochinokaiiwate@ezweb.ne.jp
 
 
 
  
※・ご希望の犬猫のお名前
  ・ご希望される方の「お名前」と「住所」、「連絡先の電話番号(希望する時間帯)」を明記くださいね。

返信メールは、1両日中に差し上げております。
届かずに「エラー」で戻ってきますケースが増えています。
「エラー」で戻りました場合は、こちらからはご連絡差し上げることができません。
何日たっても、返事がこないなあ・・・と思われましたら
「お返事ができない」状態なのです。
ご自分のメールのアドレスの再確認・受信設定をした上で
改めてメールで、お名前、連絡先電話番号を記載お願いいたします。

今どきの猫は「室内で飼う」のが猫飼育のお約束ですよ。
脱走防止をして飼いましょう。
猫脱走防止の工夫例

《ペットキャリーは万一の避難に備えて準備しましょう》
災害時には、ペットの同行避難が決まりました。
愛猫もつれて一緒に逃げましょうね。
犬の避難はいろいろ情報もありますが、猫はまだまだ情報不足です。
安全な避難のためにも、「キャリー(かご)」は必ず準備しましょう。

猫は、狭いところが大好きです。
布製などの「ソフトキャリー」が安心できて好きなんですが・・・。
猫の安全な避難のためにはプラスチック製の「ハードキャリー」をお勧めしています。
通院用、ハウス用、非常時用と種々準備できればいいのですが
置き場所なども取りますから、用途をよく考えて準備しましょう。

お勧めする理由
非常時に、丈夫で安全
災害時に入れて逃げるときには、
あちこちにぶつけたりぶつかったりして必死に逃げます。
阪神大震災時のアンケートでは、ぶつけても安全な「ハードキャリー」は
丈夫で猫もけがをさせずに避難で来て良かった。

尿が外へ漏れない
長時間入れておいて、排尿排便されるとソフトキャリーでは外へ漏れてしまう・・
プラスチック製などの「ハードキャリー」は、外へ漏らすことが無かった。

猫の出し入れが早くて簡単
狭い避難所で、キャリーへの出し入れは、人も焦っているし、猫も慣れない環境に怖がってしまいます。
出入り口がファスナーでは開け閉めに手間取っているうちに逃がしてしまう危険性も・・・。

布製の大き目のソフトキャリーは猫が破って逃げ出します
布製の大きな折り畳みキャリーは、犬にはいいのですが、
猫は怖がって破逃げようと必死!知らないうちに破って逃げ出してしまった・・・。

上が平らで、ものを乗せられるキャリー
狭い避難所では、フードや薬、ペットシーツ等をキャリーの上に載せられるように
上が平らなキャリーが便利です。
多頭飼いの場合も、重ねておけるから場所を取りません。
毛布などで覆うと狭い空間に猫も安心してくれますよ。

長期間の避難時には、大き目サイズのキャリーもお勧め
避難所には、ペット用のスペースと、ケージも準備されますが
緊急時には、迷子犬猫が優先されます。
猫のキャリーは「Sサイズ(体重5kg前後まで)」が通常サイズですが
ゆったり過ごさせるには「Mサイズ(8kg前後まで))」も。

軽くて丈夫なキャリーを
猫を入れて、実際にもって逃げてみましょう。
丈夫でいいと思っても、愛猫も重たい・・・。
犬用のバリケンネル等は、軽くて丈夫ですよ。
猫用・・ばかり探さないで、犬用のキャリーも選択肢に入れてみてくださいね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ 現在里親さん募集中の犬猫達は、全て掲載中です。
HP左側の「カテゴリー」か下段の「リンク」をクリックしてご覧くださいね。

  ・仔犬の里親募集 (募集している頭数)生後2.5月~
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-2.html
  ・成犬の里親募集 (募集している頭数)
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-3.html         
  ・仔猫の里親募集 (募集している匹数)生後2.5月~ 
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-4.html
  ・成猫の里親募集 (募集している匹数)
      http://inochiiwate.blog59.fc2.com/blog-category-5.html  
 
      保護場所を確認くださいね
       ◎施設(会施設におります) 
       ◎一時預かり家庭(会の預りボランティアさんのおうち)
       ◎依頼主(現在の飼い主さんのおうち) 
       ◎保護主(迷子等で保護した個人のおうち)


会では常時240匹の猫と30頭の犬を緊急保護しています。

今必要な物資を送りたい!
1口でも食べさせてあげたい!
何が欲しいの?   どんなお品ならすぐに役立つの?

ご支援の申し出を頂いております。

いつでもなんでも足らなくて・・・;;
欲しいものばかりでごめんなさい。

今、赤ちゃん子猫の保護ラッシュです。
粉ミルク・ペット用ミルク・猫砂・離乳食用ウェットフード・子猫用フードが
足りません。どうぞご支援をお願いいたします。

「アマゾン」には、今すぐ必要なお品を 掲載してお願いしております。

ただ今必要としています(ご寄付のお願い)→
  アマゾン「ほしい物リスト」⇒ページ右上の「ほしい物リスト サーチ 」から「動物いのちの会いわて」を検索してくださいね​:http://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/ref=wish_list
  楽天「ほしい物リスト」:http://bookmark.rakuten.co.jp/user/ZjQ2MmMwNzgzYzgyNDgxZg__/
「猫砂」、「猫缶」「ペット用牛乳」が今一番嬉しいです。
~~~~~~~~~~~~~~~
【物資等の送り先】  動物いのちの会いわて・事務所
〒020-0507   岩手県岩手郡雫石町丸谷地37-42
019-691-1770    メール:inochinokai@gmail.com

~~~~~~~~~~~~~~~
譲渡会のご案内       → http://yoteioshirase.blog57.fc2.com/

里親さんからの譲渡後の様子は → http://shiawasenako.blog130.fc2.com/

迷子をさがしてます   → http://sagashite.blog60.fc2.com/

迷子を保護しています → http://hogoshite.blog61.fc2.com/
猫の飼い主さん「猫算」ってご存知ですか

「猫算」って、聞いたことはありますか? 
猫は繁殖力が旺盛で、あっという間に増えてしまいます。

猫の恋のシーズンは春・夏・秋、年に3回です。
毎回4匹から8匹ずつ出産しますよ。
生まれてくる子猫の半分がメス猫です。

春生まれの1匹のメス猫が
翌春の出産で6匹出産  ⇒全部で7匹以上に!
翌夏の出産で18匹出産⇒全部で25匹以上に!
翌秋の出産で54匹出産⇒全部で79匹以上に!
3年後にはなんと 2000匹以上に!


これが「ねずみ算」ならぬ「猫算」です。

ごく一部の心無い飼い主さんが、
貰い手のない猫を繁殖させて猫の不幸を継続させています。

2014年岩手県内保健所にだされた猫の
43%(525匹)が飼い主さんのいる猫でした
出された猫の85%(1088匹)が殺処分されている現実です。
助かった猫は180匹だけです。

飼iい猫 (成 猫)の引取;329匹
飼い猫 (子 猫)の引取:196匹

所有者不明(成猫)の引取:131匹
所有者不明(子猫)の引取:559匹

では、避妊手術しなかったあなたにできること
・ 生まれた子猫を全て自分で飼う。
・ 子猫たちを誰かにあげる。
・ 猫を家から出さない。オスメスを完全に隔離して飼う。
・ 子猫が生まれないように不妊手術を受けさせる。

オス猫も去勢手術しなくてはダメですか?
・ 恋のシーズン(春夏秋)になると、相手を求めて家出します。
  ※ この時期に迷子になる猫が多いです
・ ライバル猫と死闘を繰り返します。大怪我も;;
・ マーキングを家中にして、臭くて臭くて・・・あなたを苦しめます。

不妊手術したらいいことがありますよ♥
メス猫
・ 卵巣・子宮に関する病気にかからなくなります。
・ 子猫をうみませんので、里親さんを探す苦労がなくなります。
・ 恋のシーズンにオス猫がよってきません。静かになります。
・ 発情期の交尾で、エイズ感染する心配が減ります。
・ 生まれて飼えない子猫を捨てたり、虐待しなくて済みます。
 (※ 子猫を捨てると100万以下の罰金刑。
 捨て猫を拾って違う場所に捨てても100万以下の罰金刑。)

オス猫
・ スプレー行為・マーキングが収まります。
・ 発情期の特有の声を出しません。ご近所迷惑になりません。
・ 発情期に家出しません。
・ 恋のライバル争いで大怪我をしたりエイズ感染の心配が減ります。
・ 穏やかな性格になり、室内飼いができるようになります。

不幸な猫を生み出さないためにも、
縄張り意識による喧嘩防止のためにも、
生殖器系の病気予防のためにも、
不妊去勢手術は飼い主さんの社会的な責任と義務です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
23 : 22 : 22 | 里親さん決定 | ≪ トップへ ≫
| ホーム |