【豪雨のお見舞いありがとうございます・大規模工事が必要になりました;;】施設も保護犬猫もスタッフも無事です2013/8/10→施設裏手の堰が大きく削られて、土留工事が必要になりました。2013/9/8
2015 / 09 / 08 ( Tue )
2013/9/8
施設の中には大きな被害がございませんので
ホッとしておりましたが。
施設裏手に流れます用水路が、
大雨で大きく削り取られ、
セター犬のセッ太くんのおうちと
犬の運動場の上に設置した「物干しベランダ」が
危険な状態だと指摘されました。

台風シーズン前に、「物干しベランダ」を撤去し
「堰の土留工事」が必要になりました。

只今見積もりをお願いしていますが
百万単位での高額な費用が想定されます。

工事内容・金額等見積が出ましたら
お知らせいたします。

どうかご支援をお願いいたします。



            ↑

2013/8/9の秋田県側からの豪雨は、
雫石に大被害をもたらしました。

施設は、雫石町、山懐に懐かれております。
多くの皆様からの、お見舞、ご心配をいただいております。

おかげさまで、大きな被害はございません。
保護犬保護猫は無事。
ボランティアスタッフも全員無事です。

当日は朝から雨、次第に雨脚が強くなってきまして
犬の散歩は見合わせ様子を見ていました。

昼過ぎころから、施設前の駐車場が
プールのような状態になり、
滝のような勢いで、大水があふれ・・・
犬舎のブロックの基礎の高さを超えそうな勢いでした。

大急ぎで、お外で番犬をしております
犬の「ジャッキー君」を安全な場所へ移しました。

施設裏手には、小さな小川がちょろちょろ…と
普段は流れておりますが、
水かさが増して、法面を大きく削り取り
犬小屋と、犬の運動場にも水があふれてきました。

小川の横の犬小屋で不安そうにしておりました
セター犬の「セッ太君」も安全な場所へ移しました。

施設は基礎が高くなっておりますので
内部までは水も入ってきません。

ボランティアさんも、早めに仕事を終えて
帰路についてもらいました。

多くの皆様からのお見舞いを
頂戴いたしまして心から感謝申し上げます。


             
12 : 11 : 22 | ★緊急情報 | ≪ トップへ ≫
| ホーム |